歴史と伝統が残る世界文化遺産を訪ねるソウル旅行

ソウルは14世紀末に李氏朝鮮の首都として栄え今日に至っています。
長い歴史を持つこの町は世界文化遺産にも指定される歴史的建造物がいくつも存在しています。
ソウル旅行にいく際にはそのような事前知識を学んで行くとより深い旅が味わえます。
世界文化遺産は観光の有名スポットでツアー旅行に大抵組み込まれています。
昌徳宮は李朝当時の建造物群がよく残されていて、秘苑は儒教思想に基づいた宇宙を体現しており、非常に有名です。
東洋のパルテノンと称される宗廟は歴代の王が祀られており列柱は規則性をもっており、王家の永続性を示すと考えられています。
儒教思想から華美さはなく落ち着きと重厚さのある荘厳な雰囲気があります。
この両者は世界文化遺産に指定されているので、ソウル旅行の折は一見する価値があると言えます。

婚活 奈良

長距離 引越し

釣具 買取

田舎暮らし物件

楽器 買取

最新投稿